レビュー:ジュネの落とし子とプラハのレンタルボーイズ

旅行記のようでもあり、セックス日記のようでもある『ジュネの野郎』は、自称 "アメリカ人作家がプラハのレンタルボーイに紛れ込んだ "個人的なブログであり、ノンケ男性に惹かれ、地元のゲイバーで "ボーイくじ "を引いてハスラーのサービスを獲得し......そしてもちろん、露骨に詳細なセックスについての考察に満ちている。これらの話や率直な写真をセクシーと感じるか、漠然と不穏と感じるかは、セクシュアル・ツーリズムの概念(そして一般的なセックスワーク)に対してどれだけオープンマインドであるかによってある程度左右されるだろう。何度でも。

これは は本物の文章だ!その調子だ!

これらの名前は読者にとってなじみがあるかもしれないし、ないかもしれない:オートン、ランボー、ギド、クレイマー、ホワイト、モードデン、リービット、オハラ、ギンズバーグ、コクトー、バロウズ、ホイットマン。しかし、彼らはあなたにとって馴染み深いものだ。そうあるべきだ。もし芸術が簡単なら、世界は美しいだろう。芸術が難しく、苦しく、狂気じみていて、不可解であることが、すべてを説明する。君には自分自身しかいないんだ、GB。書き続けてください。

J
忠実な読者とコメント

私がセックスや男の子に興味がないときでも、このブログはホットだ。今日の(出版)情勢では、多くのパプがリスキーな文章として流布されているが、これは本物だ。ただ、誰がそれを出版する度胸があるかはわからない。

ライター、インデックス誌編集者、寄稿者、 アートフォーラム

実に不思議な作品だ。ホモフォビアでホームレスのアメリカ人駐在員(『ジュネの落とし子』)は、雇用されることを嫌い、プラハの主要鉄道駅に引っ越してきて、ゲイを食い物にするジプシーのレントボーイ[中略]と小泥棒の一団のポン引きになる。しかし著者は、自分が "愛し"、搾取する少年たちについての膨大なブログを毎日書く時間を見つけ、アメリカ、チェコ、そしてゲイ文化に対する終わりのない批評を提供する。とても奇妙で不愉快だ。彼の服や体にはびこる寄生虫についてのGBの愛情あふれる描写をお見逃しなく。[このような本は読んだことがないだろう。

JT
ゲイのエピスコパリアン神父は、当初はガドフライだったが、忠実な読者と支持者になった。

詩的で、心温まる、そして時に生々しい『ジュネの野郎』は、同じようなゲイ・ブログが溢れる今日、稀有な逸品であり、何度でも読み返したくなる一冊だ。

エディターズ・ピック, Queerlisting.com
2007

大胆不敵でセクシー。これは素晴らしい文章だ。もし出版されなかったら、とても残念だ。

シカゴ・マガジン』元編集者

このウェブサイトはニューヨークとは何の関係もないけれど、生き延びようとすること、眠ろうとすること、ファックしようとすること、酔っぱらおうとすることとは大いに関係がある。だから大好きだ。

ニューヨーク・ガイズ
ブログdefunc

ジュネの野郎のブログを読んでいると、まるで誰かの日記を読んでいるような気分になる。多かれ少なかれ即興で書かれたものにしては、文章がよくできている。さらに驚くのは、予想もしなかったような弧を描くストーリーがありながら、それがまったく作為的に見えないことだ。人生には始まりがあり、中間があり、終わりがある。

著者はここで働いているいくつかの深い哲学的問題について熟考する時間をあまり取っていないが、それは特に問題ではない。このような状況の多くで、誰が誰を搾取しているのかなど、そのようなことは読者の判断に委ねられている。レントボーイやそれを利用する人々に対して持っている先入観を乗り越えることさえできれば、ここには多くの考える材料がある。

この本で描かれているのは、主に西洋人男性にサービスを提供することで生計を立てている、ノンケだと自称する若者たちのことだ。GBは、しばしば薬物中毒者であり、嘘つきで泥棒でもある荒っぽい商売のタイプを好むようだ。作者のGBも、ほとんどの少年たちも、あまり好感が持てない。それでも、彼らには愛すべき何かがある。

ja日本語
トップページに戻る